ファンクションパネル(4)ピークスコープ

曲同士のピッチ合わせに便利なピークスコープです。
130724_01
このような形で曲の波形が縦方向に表示されます。ビートマーカーがあわせて表示されるので、同期させたい曲同士のビートマーカーが合うようにBPMを調節したり、あるいは曲を送ったり戻したりすればOKです。

このピークスコープ上でも曲の送り・戻しが可能で、波形の上でマウスを上下どちらかにドラッグすると曲を送ったり戻したりできます。

ファンクションパネル(4)ピークスコープ」への2件のフィードバック

  1. kaz

    いつも楽しく拝見させていただいております。deckdance2かなり楽しいですね。ただ、v1の頃のようにピークスコープが常にモニタできないのがちょっと残念です。v1のころのシンプルな使い勝手の良さも結構好きでした。v2は全体的にはかなりブラッシュアップされてきていますね。FXやオプションパネルが増えて混乱していますが、こちらで勉強させてもらっています。感謝です。

    返信
    1. heboDJ 投稿作成者

      コメントありがとうございます。大変励みになります。
      1.x系のランプ4つでビートマッチングをするのはオシャレじゃありませんでしたが、シンプルで使いやすかったですね。
      まだGrossbeatの話なんかも残ってますので引き続きご覧頂ければと思います。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム対策のため、日本語が含まれないコメントは投稿できません。