ファンクションパネル(5)VSTプラグイン

DTMで使用するVSTプラグインを読み込める機能です。
130816_01

1.オン・オフスイッチ
VSTプラグインのオン・オフを切り替えます。トグルスイッチになっていて押すとオンのままになります。

2.ドライ・ウェットバランス
VSTのかかり具合を調整します。

3.VSTプラグインの種類
どのVSTプラグインを使用するか選択します。VSTプラグインは事前にオプションで登録しておく必要があります。

4.オーディオルーティング
VSTとDeckadance2のルーティングをInsertまたはSendから選びます。
Insertはデッキの出力に対しVSTを直結、SendはVSTにデッキの出力を一部送り、最終的に素のデッキ出力とミックスします。
130816_02

5.エディタ
VSTプラグインそのものの設定画面を呼び出します。

6.VSTパラメータ選択
VSTプラグインの設定可能なパラメータがリストアップされ、選択することができます。

7.VSTパラメータ変更
6で設定したパラメータを変動させます。

これらVSTのパラメータは2種類設定できます。
逆に言うと2種類しかプレイ中に変更できないので、VSTプラグインの種類や使い方はある程度限られるとも言えます。

例えばフィルターのプラグインを入れたとするとカットオフとレゾナンスの設定で2個埋まってしまうわけです。
フィルターの種類も変えたい…という場合はエディタを別途開いておくか、レゾナンスはもう固定でいいか…と割り切るかという感じになります。

VSTプラグインはフリーのものも含めて色々あるので、Deckadance向きのものを探すのも面白いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム対策のため、日本語が含まれないコメントは投稿できません。