AMDが2019年にも7nm世代のCPUを投入予定

先日行われたAMDの技術発表会で、7nmプロセスルールを採用するデータセンター用CPUである”Rome”が発表されたそうです。史上初の7nmプロセスルールで生産されたデータセンター用CPUとうたわれています。

AMDの7nmプロセス「ZEN 2」CPUコアのマイクロアーキテクチャ拡張

[PC Watch]

発表されたCPUは完全にデータセンター用なので、一消費者としては縁のないものなのですが、7nmプロセスルールで生産されたZen2コアが大きな問題もなく量産されそうという点は興味深いです。最近はプロセスルールの微細化もいよいよ高難易度に達しているものと思われるのですが、今回のイベントでのデモも実際のCPUで行われたそうですから、生産ラインの立ち上げについては問題なさそうに見えます。

イベントの詳細はYoutubeで見ることができます。ちょうど30分前後からが7nmプロセスとZen2コアの話になるので、そこだけ見ても結構面白いです。

7nmプロセスにより密度はざっくり2倍に達し、同じパフォーマンスであれば1/2の電力で発揮できるそうです。初代Zenコアでも相当の進化だと思いましたが、それを大きく上回る性能になっているようです。

動画中でリサ・スーCEOは何度も”Momentum”という単語を使っていましたが、確かに”今の勢い”と新製品投入による”新たな勢い”を感じる発表だったように思います。これらのテクノロジーがコンシューマラインに落ちてくるまでにはもうちょっと時間がかかると思いますが、これについては楽しみに待っていようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム対策のため、日本語が含まれないコメントは投稿できません。