Radeon Software Adrenaline Edition 2019が登場

もはや年中行事となった感もあるRadeon用ディスプレイドライバの大型アップデートが登場しました。

「Hey, Radeon」で画面写真を撮影。Radeon Software年次更新で多数機能追加

[PC Watch]

去年は初めてAdrenaline Editionという名称になり、モバイルアプリとの連携が強化されました。2019バージョンはさらにその傾向が強くなっています。

パフォーマンスの向上

いわゆるディスプレイドライバとしての基本的な機能として、単純にパフォーマンスが向上したことが挙げられます。ドライバのリリースノートを見ていると気がつきますが、最新タイトルのみならず、旧作についてもパフォーマンスの向上は継続的に行われています。

ソフトウェアアドバイザー

PCシステムとゲームタイトルに応じた最適な設定を行ってくれるゲームアドバイザーを搭載しています。実際にパフォーマンスを測定した上での設定になるので、信頼性の高いものになっています。チューニングすべき設定は列挙して教えてくれるので、全部を適用せずに取捨選択することも可能です。

AMD Link

モバイルデバイス用アプリのAMD Linkも更新されています。GPUをモバイルデバイスから操作できるのが売りでしたが、ReLiveのリモコンのような感覚でインスタントリプレイやスクリーンショットを撮影できるようになりました。メイン画面でゲームを遊びつつ、スマートフォンでいいところを動画に残していくといった遊び方ができます。

AMD Linkは親機のPCと同一ネットワークに所属していれば良く、接続はRadeon Softwareが表示するQRコードをモバイルデバイス側で読み取れば完成となります。Windowsのファイアウォール設定も半分お任せで行えるので、とても使いやすくなっています。

そんなわけで盛りだくさんの大規模アップデートになっています。機能の追加もさることながら、使い勝手が分かりやすくなっているのには好感が持てます。PCゲーム=マニアック、難しいというイメージはまだまだ強いと思いますが、据え置き機並みの分かりやすいゲーミング体験を目指しているようにも思えました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム対策のため、日本語が含まれないコメントは投稿できません。