Sunnto Quest再登板

冬場の運動に関連して以前購入したスポーツウォッチ、Sunnto Questを久々に使ってみています。まだ自転車を始めて間もない2012年にペース配分検討のために購入したものです。

最初は面白がって使っていたのですが、段々身体に着けて出るのがおっくうになってしまったことと、何となく感覚でペース配分が出来るようになってしまったのでしばらく使っていませんでした。

新品のCR2032を入れたら無事に復活したので、ランニングのお供に活用しています。

すっかり旧製品となってしまい、Suuntoのサイトにも情報がほとんどないですが、Web連携でトレーニングデータを可視化できるMovescountはちゃんと使えます。

最大の問題点はやはり装着が面倒なことです。写真に写っているセンサー付きのベルトを胸に巻くと心拍数が取れるのですが、ベルトが乾燥していると心拍数が取れなかったり、いきなり190などの異常な値を示すことがあります。

ベルトを湿らせると割とスタートがスムーズなのですが、今の時期の長野で水に濡らしたベルトを裸の胸に巻くというのは、一瞬ではあるものの厳しい冷たさを感じます。ぬるま湯で湿らせてみたこともありますが、すぐに冷えてしまって水と変わりませんでした。

このベルト周りだけどうにかなれば面白い装置なのですが、現状快適に使う方法は見つけていません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム対策のため、日本語が含まれないコメントは投稿できません。