Radeon Software19.5.1がリリース

5/13付けで19.5.1がリリースされています。ゲームタイトルのサポートには最新タイトルであるRage2が挙げられています。その他、間もなく公開が見込まれているWindows10の大型アップデート”May 2019 Update”にも先んじて対応しています。

今回のリリースは修正された不具合の項目が多いのも特徴です。DRM付きコンテンツで
Performance metrics overlay を有効にすると画面がちらつく、などの最近追加された機能に関わる不具合のほか、HD7970でドライバが正しくインストールできない問題、など旧GPUのサポートも含まれています。

RX500系統の不具合修正がないか気になりましたが、”8Kディスプレイをホットプラグした時にシステムがハングする”という私の環境では起こりえない不具合修正だったので、この点は安心しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム対策のため、日本語が含まれないコメントは投稿できません。