自転車特有の手の日焼け

私は暑い季節でも極力皮膚を露出しないようにして自転車に乗っています。もちろん腕や足が露出していた方が涼しいとは思うのですが、日焼け止めを塗ってもある程度の日焼けはしてしまいます。

日焼けをするとヒリヒリして寝付きが悪くなったり、数日間熱感が残って気分が悪いので、春から夏にかけては足にはレッグカバー、上半身は長袖ベースレイヤーで紫外線をしのいでいます。

顔は仕方ないので強力な日焼け止めを塗っているのですが、最後に残るのが手の先端です。自転車用の春夏グローブは指の先端部分が露出するようになっているので、指先と手首の部分が日焼けします。

こういう形状のグローブが春夏用としてはポピュラーな形状です。

これは明らかに変な焼け方なので、割と会話のきっかけになります。私の趣味を知っている人は「今年もやってますねえ!」と言いますし、知らない人は「それどうしたんですか?」と聞いてくるのでちょっとした雑談ができます。

しかし雑談以外のメリットが今のところないので、できれば手も焼きたくないところです。調べてみたところ夏用のロングフィンガーグローブという製品も存在するようです。来シーズンに試験的に導入してみるのも有りかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム対策のため、日本語が含まれないコメントは投稿できません。