カテゴリー別アーカイブ: PHS

PHS回線を解約してMVNOにMNPする

長らく使っていたPHS回線を解約しました。W-ZERO3[es]を買ってからというもの10年くらい使っていたのですが、最近埼玉県の平野部でも場所によると電波の入りが悪く感じるのと、後は単純に通信費の圧縮を目的とした解約です。

今回は今までP9 liteの方で使っていたIIJmioにMNPで転出をしました。大まかな手続きの流れとしてはMNP転出番号の入手後、転出先への申し込みをすることで新回線への申し込みと旧回線の解約が同時に行われることになります。

MNP予約番号の入手

ワイモバイルのPHSでMNP転出番号を入手する場合、カスタマーセンターに電話で問い合わせる必要があります。お店に足を運ばなくても良いのでこの点は楽です。

カスタマーセンターの電話番号は2種類ありますが、MNPは”総合窓口”の方で受け付けています。営業時間が決まっているためか、つながるまでには10分ほど待ち時間がありました。

申込時に端末の暗証番号が必要になるので、事前に確認しておく必要があります。申し込み自体はオペレーターの方にMNP予約番号の発行を依頼するだけで良いので、割とすぐに終わってしまいます。しばらくすると、PHSにライトメールでMNP予約番号が届きます。

新回線への申し込み

新回線への申し込みは、MNP転入を選んで新たに契約するだけです。これは特に引っかかる点はありませんでした。MNP予約番号に15日の有効期限があることと、旧回線と新回線の名義人が同じでないとMNPできないという点だけは注意が必要だと思います。

元々使っていたデータ回線があったので、それを音声回線に切り替えるのと同時にMNP転入という手続きができるのか気になっていましたが、やはりこのパターンでの変更はできないようだったので新しい音声回線をMNP転入で申し込んだ上で、データ回線を解約することにしました。

新しいSIMが届いて開通手続きを行うと、同時に旧回線は解約となります。普通の新規申し込みに比べて、開通後に通信可能になるまでに待ち時間を要しましたが、それでもせいぜい2時間程度で普通に新しいSIMが使えるようになりました。

というわけで意外と簡単に手続きが終わりました。店頭での手続きがあれこれあったら面倒だと思っていたのですが、ほぼ通販のような感覚で手続きできたので良かったです。

PHSの新規契約と機種変更が2018年3月で終了

サービスが終了するわけではないのですが、新たに申し込むことはできなくなるそうです。

Y!mobile、PHSの新規契約・機種変更を2018年3月で終了

[ケータイWatch]

こうなってくるとサービス自体が終了するのはいつになるのかが気になりますが、PHSの電波はテレメータの通信や自動販売機の電子マネー決済などの産業用用途での利用があるので、慌てて消費者向けサービスを終了しなくても良いのかもしれません。

最後に機種変更して限界まで使おうかと思いましたが、気がついたらHONEY BEE5がラインナップからなくなっていたので、これはわざわざ変えなくても良いかなという感じです。

HONEY BEE4ことWX350Kは非常に堅牢で、6年弱使っていますが全く故障する気配もありません。バッテリは多少へたってきたような感はありますが、それでも長々と通話をしなければ実用レベルの待ち受け時間を維持しているので、本当に大した端末だと思います。

ハート型のPHS端末が登場

ハートをあしらったとかそういうレベルではなく、完全にハート型です。

ハートのかたちのPHS、ワイモバイルが「Heart 401AB」
[ケータイWatch]

中央に切れ込みの入ったハート型で、本体をひねることでストレート端末に変形する通話専用機です。
可変のハート型というアイデアもさることながら、端末のサイズ感やデザインなどなかなか秀逸な端末です。
ディスプレイが透かし表示のようになっているところがおしゃれです。

製造はフリスクフォンなどでもおなじみのABITとのことです。
さすがABITと言うしかないユニークな端末です。

利用目的としてはスマートフォンの通話部分を肩代わりするサブ端末というところでしょうか。
最近のスマートフォンは大きくて通話のスタイルでは持ちにくいという方も通話をこれに任せれば楽ができるかもしれません。

ワイモバイル発足以降やっぱりスマートフォン中心に事業展開していくのかな…とやや残念に思っていたところもありましたが、
こういった端末が出ている限りはまだまだPHSも元気な感が伝わってきます。

10/1よりPHSと携帯電話でMNP開始

いよいよもう間もなくです。

PHSと携帯でMNP、10月1日にいよいよスタート、PHSでSMSも
[ケータイWatch]

PHSに電話をすると固有の呼び出し音が鳴るようになるというのはちょっと気になります。
普通のトゥルルルル…っていう音ではないということですよね。

また、PHSでSMSが使えるようになるとのことでおっ、と思ったのですが、割と新しい機種のみが対応ということです。
それほど対応している機種は多くありません。

ワイモバイルのPHSサービス

今日新サービスと新商品の発表会があったそうで、色々情報が出ています。
もちろんメインはスマートフォン周りなんだと思いますが、PHS愛好家?としてはPHS周辺をチェックしたいところです。

ワイモバイル、月額2980円からのスマホ向け新料金プラン 新端末も発表、イー・モバイルとウィルコムのサービスは継承
[ケータイWatch]

イー・モバイルとウィルコムが「Y!mobile」に――8月にブランドを統合、スマホ2機種など新端末を順次発売
[ITmedia]

PHS端末向け料金プランとしてケータイプランというプランが設定されるようです。
基本使用料が月額1,381円で、現在の新ウィルコム定額プランSの後継と言えるプランになっているようです。

オプションとしてだれとでも定額、スーパーだれとでも定額も残るようです。
端末も新機種が4つ発表になりました。

意外にPHSにも力を入れてくれているという印象です。もうちょっとスマートフォン重視でPHSは影が薄くなるかと思っていました。
まだまだPHSを使い続けられそうなのでやや安心しました。

ヤフーのイー・アクセス買収が中止

もう2週間くらいなのでそろそろだなあという感じがしていたところですが、中止になってしまいました。

ヤフーのイー・アクセス買収が白紙に
[ケータイWatch]

プレスリリースを読むとヤフーがインフラも手掛ける形態にするよりも、サービスのヤフーとインフラのイー・アクセスで分かれていた方が望ましいと考えたため、といったことが書いてあります。
気になるのは現ウィルコムのPHSですが、イー・アクセスとウィルコムの合併は当初の予定通り2014/06/01に行われるそうです。

会社の社名も予定通りワイモバイルになるらしいのですが、サービスについては新ブランド開始まで現ブランドでの提供が行われるそうです。
サービスも”ワイモバイル”になるという話も聞いたような気がしますが、この辺はちょっと不透明になった感があります。

ヤフーがイー・アクセスを買収

イー・アクセスとウィルコムは6/1に合併予定なので、ウィルコムもソフトバンク傘下からヤフー傘下となることになります。

ヤフーがイー・アクセスを傘下に、新社名は「ワイモバイル」
[ケータイWatch]

社名はワイモバイルになるとのことです。
確かイー・アクセスとウィルコムの合併は当初4/1予定だったのが6/1に延期となりましたがこの影響だったんでしょうかね。

記事を読んでいるとヤフーのサービスを広く提供していくための買収という内容が書いてあります。
あくまで通信事業者をやりたかったのではなく、ヤフーのサービス拡大のための買収ということが触れられています。

気になるウィルコムの事業についてはサービス・料金ともこれまで通りとのことですが、
今回の買収の目的と現行のPHS事業でちょっと目指す方向が違う感じもするのでここはやや心配です。

まだ具体的にどういうサービスが始まる等のアナウンスはないので、注目していきたいところです。
とりあえず今できそうなのはHONEY BEE4を人に見られた時によく聞かれる「それどこの?」に対して「ワイモバイルです」と答えるイメージトレーニングあたりでしょうか。

イー・アクセスとウィルコムの合併が延期

6月に延期とのことです。
合併に関するあれこれが難航しているというわけではなく、新ブランド・新サービスの展開時期と同時に合併を行うための延期ということです。

イー・アクセスとウィルコム、合併を6月に延期
[Internet Watch]

新ブランドがどうなるかも気になりますが新サービスというのもちょっと興味の湧くところです。
もう2月なので6月に延期といえどもあっという間でしょう。

イー・アクセスとウィルコムが合併見込み

急に出てきたのでちょっとびっくりしました。

イー・アクセスとウィルコム、合併で基本合意
[ケータイWatch]

来年4月1日で合併するとのことです。
まだ詳しいことは決まっていないようですがどうなるでしょうか。

サービスの内容に変更があるかどうかはもちろんのこと、”ウィルコム”という名称が残るかどうかも注目ですね。
個人的には寂しくなるのでRadeonみたいにブランド名称だけ残しておいてほしいのですが…