AMD」カテゴリーアーカイブ

AMD at CES2020

年明け恒例のCESが開催されましたが、AMDの講演の模様がYoutubeに上がっていました。

新製品の発表としては

  • Ryzen Mobile 4000シリーズ
  • Radeon 5600XT
  • Ryzen Threadripper 3990X

がありました。

Ryzen Mobile 4000シリーズ

Ryzen Mobile 4000シリーズ は8つのZen2コア(16スレッド)と8つの内蔵GPUコア(Vegaベース)で構成されている製品だそうです。モバイルプラットフォームにも7nmのZen2が投入されることになりました。

ワットパフォーマンスは従来比で2倍にも達するということです。シリーズは一般コンシューマ向けのUシリーズ、ハイパフォーマンス向けのHシリーズ、法人用途と思われるProシリーズから構成されます。搭載製品は2020年の第一四半期にも投入される見込みとのことです。

Radeon 5600XT

5000シリーズのミドルレンジを埋める5600XTが発表されました。立ち位置としては「1080pでeスポーツタイトルを遊ぶのに最適」という位置づけになるそうです。

スペックとしてはコンピュートユニット36基、ベースクロック1,375MHz、6GBのGDDR6搭載となっています。コンピュートユニットの数で言えば上位の無印5700と同格となります。クロック抑えめの5700と思うとイメージしやすいかもしれません。

講演内での参考価格は$279ということなので、国内価格は3万円台中盤からのスタートになりそうです。多少価格がこなれてくればちょうどいい立ち位置のVGAになってくれそうに思います。

Freesyncのアップデート

製品ではないですがFreesyncについてアップデートがあり、3つのグレードに区分されることになりました。従来のカクつきやティアリングを抑える機能がFreesync、120Hz以上の高リフレッシュレートディスプレイに対応し、低フレームレート補償を行うのがFreesync Premium、 Freesync PremiumにHDR機能を追加したものが Freesync Premium Proとなるそうです。

低フレームレート補償というものが何を指すのかが講演では詳しく語られていませんでしたが、高リフレッシュレートディスプレイで使う機能というところから見て、フレームレートの落ち込みを抑制する補完機能のようなものではないかと推測します。この辺りはドライバのアップデートなどにあわせて追って明らかになってくるものと思われます。

Radeon Software Adrenalin 2020 Editionがリリース

恒例となった感もあるRadeon Softwareの大型アップデートがリリースされました。

Radeon Software Adrenalin 2020 Edition 19.12.2 Highlights

[amd.com]

インストーラ

今回のバージョンではインストーラからガラッと変わり、残り作業時間が表示されるようになったほか、イントロダクションムービーまで流れるようになりました。

インストール時に工場出荷設定に戻すオプションも選べるようになっており、ドライバの再インストールで問題解決を図る際に役に立ってくれそうです。

本体

本体も見た目が大きく変わり、用途に合わせてプリセットされた”Gaming”と”eSports”、そして”Standard”から設定を選択する方式になりました。難しいことを考えずに設定したい場合は見た目志向のGamingかパフォーマンス志向のeSportsかで選ぶという形のようです。もちろん、個別の項目を細かく設定することも可能です。

新機能

新機能の目玉としては、Radeon boostと整数倍スケーリングがあります。

Radeon boostは画面に速いモーションが検出されると解像度をわずかに落としてパフォーマンスを維持する機能ということです。

整数倍スケーリングはドット絵を拡大した際にピクセルを4倍またはそれ以上の整数倍に拡大することにより、ぼんやりした見た目になってしまうのを防ぐ機能ということです。昨今ドット絵にこだわったクラシックな見た目の新作も多いですが、それらに対応した機能のようです。

PC Watchさんに詳しい情報がまとまっています。

AMD、“視覚的損失なし”で2割以上FPSを向上できる新「Radeon Software」ドライバ

[PC Watch]

Youtubeの動画もアップロードされています。

本当に少しだけ使ってみましたが、ゲームをプレイすると平均フレームレートを記録してくれるので、パフォーマンス調整の際に役に立ちます。単なるドライバにとどまらず、ゲームのハブとしての機能が充実したアップデートになっていると思います。

Radeon Software 19.11.3がリリース

11/18付けで19.11.3がリリースされています。

Radeon™ Software Adrenalin 2019 Edition 19.11.3 Release Notes

[amd.com]

今回のバージョンはフォートナイトのDirectX12APIサポートが追加されています。既知の問題などは積み残しのまま残っているものがあるので、今回のバージョンは取り急ぎフォートナイトのサポートを強化したバージョンと言えそうです。

Radeon Software 19.11.1がリリース

19.11.1がリリースになりました。

今回のバージョンではRed Dead: Redemption IIが新たにサポートされています。

Radeon™ Software Adrenalin 2019 Edition 19.11.1 Release Notes

[amd.com]

ディスプレイを刷新してFreesync環境が整ったのでFreesync周りのアップデートも気にしていますが、今バージョンでは既知の不具合として「RX5700使用時に240Hzディスプレイを接続するとカクつきが発生する問題」があるそうです。我が家のVGAはRX570というちょっと古い製品なので、新製品に関連した不具合に悩まされづらいのは良いところです。

Radeon用ユーティリティがMicrosoft Storeで配布開始

窓の杜さんに興味深いニュースが載っていました。

「AMD Radeon Software」が“Microsoft Store”から入手可能に

[窓の杜]

面白そうなのでさっそくストアからのインストールを試してみようと思いましたが、ストアで検索にヒットするのは”AMD Radeon Settings Lite”というアプリケーションでした。

それでもインストールしてみようと思いましたが、”0x803FB005”というエラーコードが出てダウンロードできませんでした。すぐには試せず残念ですが、そのうちストア経由でのインストールも試してみたいと思います。

Radeon Software 19.10.2がリリース

10/24付けで19.10.2がリリースされています。

Radeon Software Adrenalin 2019 Edition 19.10.2 Highlights

[amd.com]

話題のゲームタイトルでは Call of Duty: Modern Warfareがありますが、RX5700使用時かつ高品質設定時に18%のパフォーマンス向上が望めるそうです。問題の解決についてもRX5700絡みのものが目立ちます。

しかし同様に既知の問題についてもRX5700使用時に発生するものが多く残っており、”stutter”、つまりカクつきが発生する問題がいくつか残っているようです。

Radeon Software 19.10.1がリリース

RX5500シリーズの発表に関連して、10/7付けでドライバも更新されました。

Radeon Software Adrenalin 2019 Edition 19.10.1 Release Notes

[amd.com]

RX5500シリーズとモバイル版のRX5500Mシリーズをサポートするバージョンとなっています。個別のゲームタイトルとしてはGRIDのサポートが行われています。

デスクトップ版のRX5500はまだ未登場ですが、近日中にはRX5500Mを搭載したゲーミングノートが発売されるそうなので、対応ドライバの出番もすぐになりそうです。

不具合修正としてはBorderlands3に関する修正がいくつか挙がっています。

Radeon RX5500シリーズが発表

まだ搭載製品は登場していませんが、GPUコア部分についての情報が発表されたようです。

AMD、エントリー向けでRX 480を超える性能の「Radeon RX 5500」

[PC Watch]

エントリー向け製品ながら上位製品同様にRDNAアーキテクチャが使用され、プロセスルールは7nmとのことです。コアの電力効率はGCN比で1.6倍に達するということですから、5年ほど前のGPUと比べるとかなり大きな差があることが分かります。

性能的には2017年のRX570やRX470辺りが近いので、似たような感覚で導入できると思います。あまり高額なVGAは買いたくないけど、一通りのゲームはできる環境を作りたいという場合には良い選択肢になるのではないかと思います。

第3世代Ryzenが発売

7/7に第3世代Ryzenが発売となりました。深夜販売なども行われたということです。さっそくPC Watchさんにベンチマーク記事が掲載されていました。

第3世代Ryzenが驚異的性能でIntelを圧倒。Ryzen 9 3900X/Ryzen 7 3700Xレビュー

[PC Watch]

ベンチマークの結果を見てみると、期待に違わぬ性能向上を果たしているようです。特にAVX2命令の処理が速くなった関係で、H.265の動画エンコードが速くなったというのは朗報だと思います。

一方で少し気になるのはX570チップセットのことです。第3世代Ryzenはソケットは引き続きAM4が使えますが、PCI Express 4.0を使うにはX570チップセット搭載のマザーボードと組み合わせて使う必要があります。

記事中でも触れられていますが、このX570チップセットはかなり発熱するらしく、X570マザーボードには今時珍しいチップセット冷却ファンが搭載されています。気になったので改めて各社のマザーボードの盤面を見てみたのですが、冷却ファンの搭載は必須のようです。

チップセット冷却ファンというとどうしても径が小さくなるので騒々しい音になりがちです。かつては大型のヒートシンクなどアフターパーツが色々あったのですが、昨今はチップセットファン自体をあまり見かけなくなってしまったのでこの手のパーツも見なくなってしまいました。

CPUそのもののことではないですが、チップセットの冷却をどうするかというところがちょっと気になります。

Radeon Software19.6.1がリリース

19.6.1が6/9付けでリリースされています。

Radeon Software Adrenalin 2019 Edition 19.6.1 Release Notes

[amd.com]

今回のバージョンではXbox Game Pass for PCに対応したのが最大のポイントとなっています。Xbox Game Pass for PCは今回のE3の少し前に発表になったサービスで、従来Xbox向けに展開していたゲームサブスクリプションサービスのPC版です。

日本での展開がどうなるかは不明なのですが、日本国内のPCでサービスが契約できるようになると面白そうです。