投稿者「heboDJ」のアーカイブ

バウヒュッテ ダメ着4Gネクスト

冬場の寒さ対策として今シーズンはバウヒュッテのダメ着4Gネクストを1着買って試してみています。バウヒュッテはゲーマー環境向けの家具などを展開しているブランドで、関連してこういったアパレル製品も販売しています。

色はグレーとされていますが少々緑がかっています。

この製品は簡単に言うとフリース地のつなぎ服で、それに加えてゲーマー向けに便利・快適な機能を多数盛り込んだものになっています。

男女兼用で、私は身長160cmくらいですがMサイズでちょうどいいくらいでした。

防寒性能

まず期待していた防寒性能は圧倒的なものです。そもそもがつなぎなので外気が入ってくる隙間がなく、フリース地が体温を逃がさないのでとても暖かです。

手についてはミトンがついており、足先については足先を覆う靴状のパーツがついているので、冷えやすい先端部もカバーしています。

また、首回りは前面のチャックを上まで引き上げることで口元まで覆えるので、ネックウォーマー的な機能もあります。ヘッドセットとの併用を意識してゆったり目に作られたフードもついているので、頭が寒い場合も安心です。要するに目元以外については完全に覆えるような構造の服になっています。

さすがに寒冷地なので暖房いらずとまでは行きませんが、暖房の出力を落としても問題ないくらいの防寒性能があります。

便利な機能

この商品は単なる”着る毛布”にとどまらず、ゲーマー向けをうたう便利な機能がいくつか搭載されています。

まず、手を覆うミトン状のパーツは必要に応じて袖に折り込むことができます。私はあまりこのミトン状のパーツを活用していないので折り込み状態で常に使っています。折り込んだ状態で袖をまくることもできるので、家事の時なども困りません。

スリッパ状のパーツは必要に応じて折り返してふくらはぎ部分に固定しておくことで収納することができます。足先まで覆えるのはありがたいのですが、歩いているうちに底が抜けてしまうといやなので、私はスリッパ状のパーツは椅子から動かない時限定の使用とし、普段は別途スリッパを使っています。

スリッパのパーツを折り返してふくらはぎのボタンで固定している様子です。

また、この服はつなぎなのでお手洗いの際に本来であれば全て脱ぐ必要があります。しかしながらこのダメ着4GネクストはFUNDOSHIシステムと称する下半身部分をチャックで開放する機構を搭載しており、着たまま用を足すことができます。チャックが背後にあるので開閉がちょっと大変ですが、脱ぐよりは楽なので便利な機構だと思います。

ちょっとした難点

微妙な仕上がりのバラツキ

総じて満足な内容なのですが、ちょっとした難点もあります。まず私の購入した個体ではミトン状のパーツについているゴムひもの縫う間隔に結構バラツキがありました。

これはミトンを使う時に人差し指・中指・薬指をそれぞれ入れるところなのですが、ゴムひもの全長約10cmに対して右手は3.2cm/3.2cm/3.3cmに縫い目で区切ってありました。一方の左手の方は4.4cm/3.0cm/2.3cmに区切ってありました。左手側は薬指が少々きつい感じがします。致命的な事象ではないのですが少々気になりました。

こちらが右手側です。縫い目部分を黄色の四角で囲っています。ほぼ均等にゴムひもが区切られています。
こちらが左手側です。縫い目部分を黄色の四角で囲っています。こちらは区切り位置が均等になっていません。

洗濯の難しさ

もう1つ悩んでいるのが、1着の容積が大きいので洗濯が大変なことです。本体に面ファスナーがついていることもあるのでネットに入れて洗うのですが、容積が大きいのでどうしても洗濯時に偏りが発生して、うまく洗濯物を詰めないと異常停止してしまうことがあります。これはやり込みで解消できるとは思っているのですが、現時点で決定的なレシピは発見できていません。

ゲーマーでなくても寒さ対策におすすめします

多少の難点はありますが、基礎的な性能とアイデアが詰まった機能性は唯一無二だと思います。ゲーマーの利用を主眼に開発された製品のようなのですが、ゲーマー以外にもオススメできます。製品名の4Gは第四世代という意味なのだそうで、発売以来マイナーチェンジを繰り返して今に至っているとのことです。後継の製品も楽しみなシリーズです。

屋代中学校付近の廃線跡遊歩道

2012年に廃線になった長野電鉄屋代線の廃線跡が段階的に遊歩道として整備されています。最近屋代中学校付近についても部分的に供用が開始されたという話を聞いたので見に行ってきました。

場所は千曲市屋代の屋代中学校の隣です。長野電鉄屋代線の東屋代駅があった付近だと聞いています。

こちらがその遊歩道です。工事自体は継続中で、2024年の3月中旬が工期のようなのですが遊歩道自体は既に通行可能でした。この区間は歩行者用・自転車用の区画それぞれが普通自動車1台分くらいの幅で整備されています。

歩行者と自転車はそれぞれ違う区画を通行するようになっています。

こちらが松代方面の終点です。右折して一般道に合流するようになっています。

終点の先にも廃線跡は残っているので、延伸が期待されます。

ちなみに屋代方面についても整備が進んでおり、つながればかなり延長の長い遊歩道になりそうです。屋代-松代間だけでも結構なボリュームになると思うので期待したいところです。

AMD Software 24.2.1がリリース

バージョン24.2.1がリリースされています。今回のバージョンは不具合修正を中心としたもののようです。

AMD Software: Adrenalin Edition 24.2.1 Release Notes

[amd.com]

今回新規にサポート開始されたタイトルはSkull and BonesとNightingaleの2つです。そのほかのほとんどの変更点は修正された不具合と既知の不具合の項目になっています。

見ていくと特に気になるのは「様々なゲームでのカクつきを改善した」というのものです。例としてBattleField2042やOverwatch2が挙げられています。私の環境でも先日のドライバ更新以降ディアブロ4で時折引っかかりを感じることが増えて気になっていました。AFMFの副作用かとも思いましたが、ドライバの不具合の可能性があるのであれば更新して様子を見たいところです。

個別のゲームタイトルではHELLDIVERS2に関する記載が多く感じます。修正された不具合もありますが、既知の不具合も残っています。現状あまりRadeonとの組み合わせが良くないタイトルなのかもしれません。

また、ドライバアップデート時にゲームの動作プロファイルがHYPR-RX Ecoになる場合があるようです。この場合はプロファイルの再設定をする必要があるとのことです。

善光寺交差点

善光寺の表参道にある交差点です。この先の表参道は自動車は進入できません。旧北国街道はこの交差点で東側に向きを変え、牟礼方面に向かっていきます。

この交差点の面白いポイントは、交差点名の表示が善光寺山門の額と同じ”鳩文字”になっていることです。

善の文字に2羽、光の文字に2羽、寺の文字に1羽の鳩のシルエットが隠されています。鳩がモチーフにされているのには諸説あるらしいのですが、八幡信仰を取り入れているからという説を聞いたことがあります。

この善光寺の鳩文字は有名で、JR長野駅の新幹線改札口出てすぐのところにも額のレプリカが飾られています。

他にもこの交差点には長野市の道路元標があります。

道路元標は大正時代の旧道路法が施行された際に全国の市町村の道路起点に1ヶ所ずつもうけられたもので、立派な石柱でできているものが多いためか現在でも残っているものがそこそこあります。この道路元標は改修して解説板が追加されたものだそうです。

善光寺の入口にあり、北国街道の路線上でもあるので、道路の起終点としてはちょうど良かったのかもしれません。

いなば ガパオ&ごはん

スーパーで珍しい缶詰を見つけたので思わず購入してしまいました。いなば食品のガパオとご飯の缶詰がセットになった商品です。

以前からいなば食品ではガパオやグリーンカレーなどタイ料理の缶詰を出していますが、この商品は既存のガパオにジャスミンライスの缶詰がセットになっているというものです。缶詰をそれぞれ開けて加熱するだけでガパオライスができるというものです。

開けてみた様子です。お米の方は確かに細長いインディカ米です。

家におしゃれなお皿がなかったのでやむなくどんぶりにしましたが、こんな感じでご飯にガパオをかけて電子レンジで2分から2分30秒程度加熱するだけです。

ガパオは以前からあるので安心の味でしたが、やはりこの商品の見どころはジャスミンライスが1食分ついているという点です。一般的なスーパーではジャスミンライスの入手は少々難しいと思うので、缶詰で気軽に食べられるのはメリットに感じます。

価格が400円少々と、缶詰2個分にしても若干値段がお高めなのが難点です。ジャスミンライスに価格分の価値を感じられるかどうかというところだと思います。

綿半のビタミンちくわ

長野県には飯田市に本拠を置く綿半というホームセンターがあります。店舗によっては生の食品(日配品)も販売しています。練り物のコーナーに綿半PBのビタミンちくわが売られていました。

恐らく単にちくわとするよりも栄養機能食品としてビタミンちくわにした方が長野県ではポピュラーだからこうなっているのだと思いますが、スギヨのビタミンちくわの浸透ぶりがうかがえるPB製品となっています。

皮が薄めで使いやすいちくわです。今回はにんじんとゴボウと合わせて煮物にしてみました。

ちなみにこちらがスギヨのビタミンちくわです。聞くところによれば4月くらいには生産ラインが復活してビタミンちくわの出荷も再開できる見込みとのことです。

100円ショップからの編み物入門

100円ショップの手芸コーナーが充実しているという話を最近ネットで見て、編み物(鎖編み)を少し始めてみました。

リストウォーマーのような小物なら何となく作れるようになりました。

道具の調達

近所の100円ショップに行ってみたところ、確かに編み物用品は材料も含めてかなりの品揃えでした。鎖編みの場合は毛糸とかぎ針、最後に使う閉じ針の3種類があればとりあえずは大丈夫なので、300円で入門できることになります。他にも目に目印をするためのマーカーなども100円ショップで入手できます。

最初は極太毛糸で始めてみるのが良いと思います。なぜかというと毛糸が太いと細いものに比べて取り扱いが容易なのと、編んだ時に糸の走向が分かりやすいためです。編み方を覚えるのには糸が太い方が良いと思います。

また、かぎ針は毛糸の太さに合ったものを選ぶ必要があります。大が小を兼ねたり、小が大を兼ねることはないようなので、買った毛糸に適合するかぎ針を選びます。これはかぎ針自体に(極太毛糸用)などと書いてあるのでそれを参考にします。

最初に何を作るか

私はまず最初に細編みという編み方でタワシを作ってみました。毛糸は極太のアクリル100%のものを使用し、食器用スポンジのようなサイズを想定して編んでいきます。編み物とは言ってもタワシの場合はただの平面を編むだけなので練習にはもってこいです。

タワシを作っている様子です。

また、タワシの良いところは別にできあがりが多少汚くても実用上何の問題もないところにあります。できあがりが納得いかずにやり直しを繰り返しているとなかなか完成品ができませんので、雑でも良いのでとりあえず完成まで持って行きやすいという点においてタワシは優秀です。

最後に、このアクリル毛糸で作ったタワシは消耗品であるというのが優れた点です。練習で色々なものを作るとどんどん完成品が増えていきますが、タワシの場合は使っているうちにボロボロになって廃棄することになるので、完成品がたまることがありません。

以上のことから、タワシをいくつか作ってみることで基本的な技法や編み方の知識を会得しました。極太毛糸のタワシは汚れのかき取り能力が高く、実用性もあります。

困った時のYoutube

インターネットで編み物の情報は大量に公開されていますが、編み方については絵で見せられても分かりにくいものが多いと思います。今回Youtubeで初心者向けの動画をかなり見たのですが、動画で見た方が圧倒的に理解がしやすかったです。

特に1段目から2段目を編み始めるところや、最後の処理をどうするかなどについては動画での学習がとても役に立ちました。

意外にハードルが低くておすすめです

それほど揃える道具が多くなく、いずれも100円ショップで入手できるので割と気軽にスタートできます。編む動きをある程度体得するまでが少々大変ですが、前述の通り動画を見ながら練習するとすぐにそれらしいものは作れると思います。

今時衣料品は相当安価に手に入るものがたくさんあるので、あえて自作する必要はそれほどないかもしれません。しかしながら、好きな素材や好きなサイズで自由に作成できるという点で手芸の優位性は多少あると思います。特に編み物の場合は製作が全体的に単純作業で、ハマると没頭できる楽しさがあります。

白馬村北城のロータリーのラウンドアバウト化

2021年8月に白馬村北城にラウンドアバウトではないロータリー交差点があることをエントリにしました。

白馬村北城のロータリー交差点

最近長野県警察のWebサイトで長野県内のラウンドアバウトの整備状況を調べていたところ、どうもこの交差点はラウンドアバウト化しているらしいことが分かりました。

環状交差点(ラウンドアバウト)の交通方法について

[長野県警察]

Googleストリートビューで調べてみたところ、確かに2023年時点で既にラウンドアバウトになっているようでした。近くに行く機会があれば改めてみてみたいところです。

上記の長野県警のラウンドアバウトコーナーは非常に便利で、新たに整備されたラウンドアバウトの場所が定期的に更新されています。2023年8月時点で県内には11ヶ所ラウンドアバウトがあり、これは全国的に見てもかなり多い部類らしいです。

三共食品 WHITE MEAT FLAKES

ちょっと珍しいツナを入手しました。焼津の三共食品が製造しているWHITE MEAT FLAKESという商品です。

ホワイトミートという名称ですがその名の通り、色味が白っぽいビンチョウマグロが原料です。一般的なツナ缶はキハダマグロが多いと思います。

粒は大きめで食べ応えがあり、心なしかしっとりしている感じがします。今回はブロッコリーと合わせて炒め物にしてみました。

地味に便利なのがレトルトパウチのパッケージになっていることです。ツナと言えば一般的には缶詰ですが、缶詰の場合空き缶を捨てるタイミングが少ないので結構面倒に感じることもあります。レトルトパウチであればプラごみになることが多いと思うので、使用後の容器の処分が簡単なのがありがたいです。

ウインナーを湯せんする

最近ネットでウインナーの調理法を調べていると、「沸騰したお湯でぐらぐら茹でなくても良い」としているものを結構多く見かけました。

なんでも、お湯の温度が高すぎるとウインナー内部の肉汁が沸騰してしまい、皮が破れる等の問題が生じるからだそうです。沸騰させたお湯に投入し、そこから火を止めて湯せんで調理するのでも十分ということでした。

興味が出たので試してみることにしました。直径1.5cm程度の小ぶりのウインナーを沸騰したお湯に10分浸けてみました。お湯が冷めることを考慮してスープジャーでの調理としました。

結果、確かに思ったよりもパリッとした感じに仕上がりました。ぐらぐら茹でてしまうとウインナーがちょっとしんなりする感じがあるのですが、湯せん方式だと食感が良く仕上がったと思います。もう少し大ぶりなウインナーでも試してみたい調理法です。