Davinci Resolveのエンコードが途中で失敗する問題

insta360 ONE Rで撮影した動画はDavinci Resolveに取り込んで字幕を入れるなどの編集を施し、エンコードしています。

このエントリを書いている時点の最新版である、Davinci Resolve 16で時々エンコード処理がエラー終了してしまう事象に遭遇しています。

具体的には、“Timed out, waiting for frame [フレーム番号]. Frame dropped.‘’というエラーメッセージが出てレンダリングが強制終了してしまうものです。

フレーム番号はエラーの度に変化するので、ソースの動画で実際にフレームの欠落が起きているわけではなさそうです。

また、長い動画をエンコードした際に起きやすいという印象もあります。

解決策はネットで検索してみたのですが、今のところこれというものは発見できていません。ただ、複数の意見を総合するとGPU周りの問題を指摘する声が多かったように思います。

試してみた対策

  • GPUエンコードのAPIを手動指定する
  • エンコードに使用するGPUを手動指定する
  • Davinci Resolveが使用するメインメモリの量を制限する

時間のかかるエンコードが途中でコケるととてももったいないので、早めに解決したいところです。

2 thoughts on “Davinci Resolveのエンコードが途中で失敗する問題

  1. ココナッツ

    こんにちは。同じ現象で今エラーが良く出ていて困っているときに当記事を発見しました。
    解決方法が分かれば是非共有記事をよろしくお願いします!
    良き動画編集ライフを過ごしましょう。

    返信
    1. heboDJ 投稿作成者

      コメントありがとうございます。
      当方の環境では16.2にアップデートをして以降このエラーには遭遇していませんので、アップデートがまだでしたらお試しいただく価値があるかもしれません。
      他にも解決方法を見つけましたら是非エントリにしたいと思います。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム対策のため、日本語が含まれないコメントは投稿できません。