カテゴリー別アーカイブ: 機材

ER-4S用のイヤーチップをER-4XRに転用する

本体は故障してしまいましたが、ER-4S用のイヤーチップの予備が余っていたので、ER-4XRでも使えるか試してみました。

Etymotic Research社のサイトで確認すると、ER-4シリーズに関連付けられているアクセサリとER-4XRシリーズに関連付けられているアクセサリはほぼ共通です。

唯一異なるのが俗に三段キノコなどと呼ばれる3フランジ形イヤーチップのラージサイズで、これはER-4用がER38-18、ER-4XR用がER38-18CL-4SXとなっています。

現物の写真です。左からER38-18、ER38-18CL-4SX、ER38-15SMです。ER-38-15SMはスモールサイズとなっています。

見たところ18と18CL-SXの違いは色だけというところです。チューブ部分の寸法も同じですし、そのまま転用できそうです。触った感じは18がさらさらしていて18CL-SXがゴムっぽいペタッとした感じなので、その辺の好みはあるかもしれません。

実際にER-4XRに18を付けてみましたが、何の問題もなく使えました。

フォーム系のイヤーチップは完全に共通です。左がER38-14F、右がER38-14Aです。それぞれミディアムサイズ、スモールサイズとなっています。このほかにER38-14Cというラージサイズのものもあります。

写真は撮っていないですが、ER38-50という型番のイヤホンに付けるフィルタも共通です。

どうもER-4シリーズのイヤーチップとER-4XRのイヤーチップは互換性があるようなので、既存の予備部品が無駄にならずに助かりました。今ER-4シリーズを使っているけどER-4SRやER-4XRに変えてみようかな、という方はアクセサリがそのまま流用できて良いと思います。

ER-4XR

ER-4XRについて

ER-4Sが故障してから新しいイヤホンを探していたのですが、結局同じEtymotic Research社のER-4XRを購入しました。

ER-4XRは2016年に発売となった比較的新しいモデルで、ER-4シリーズの上位機種という位置付けです。低音域を目立つようにしたというのがこのER-4XRです。ER-4S直系のフラットさが売りのER-4SRもあわせてラインナップされています。

パッケージ

パッケージはこんな感じの縦長の箱です。

続きを読む

HAKUBAのハイパワーブロアープロ

Q-S1を買った直後くらいにブロアーを買いました。HAKUBAのハイパワーブロアープロという製品のMサイズです。

Q-S1にはレンズフードをつけて運用しているので、ブロアーがあると便利だろうと思っての調達です。

ところが、あまりカメラには使っておらず、もっぱら狭いところの掃除に使われています。手で握って風を出すので連続的には動作できませんが、瞬間的にはかなりの勢いで風が出るので、キーボードなどの掃除にはエアダスターよりも有効に感じます。

全長13.5cmで直径が5.5cmあるので、手の小さい私なんぞは握るのがちょっと大変です。何度も握っていると疲れてきます。高性能なので、このサイズ感と反発力の強さは仕方ないかな、と思っています。

 

PENTAX Q-S1の使用感(実際の撮影)

Q-S1は1度ツーリングのお供に連れて行ったので、撮影した感触やテスト撮影の結果などをエントリにしたいと思います。

操作した感触

起動と終了

これはレンズが沈胴式ではないのもあって非常に高速です。電源を入れると「ジッ!」といって即起動します。

オートフォーカス速度

DP1xはこれがすごくのんびりしていて、「ゥィーンチキチキ…」と随分時間がかかったのですが、Q-S1は「ピピッ」と一瞬で合焦するので驚きました。

シャッター音

シャッター音はなぜか音色を選べるという謎の仕様なのですが、これはPENTAXの上位機の音をエミュレーションした電子音なんだそうです。

バッテリ寿命

ちょっと心配になるのがバッテリ寿命です。寒い時間帯から使ったとは言え、1日で50枚くらい撮影したところでバッテリ表示が半分くらいになってしまいました。旅行の際は予備のバッテリなども持参したほうが良さそうです。

テスト撮影

今回はツーリング仕様ということで、レンズに01 Standard Primeをセットして持っていきました。レンズフード兼キャップとして、純正品のMH-RA40.5mmを装着しています。

普通の撮影

161126_01

宮沢湖を過ぎたあたりの埼玉県道30号です。当blogのエントリは道路の情報が多いように思うのですが、写真を掲載するにあたって路面の情報というのは重視しているポイントです。

この写真では路側帯のちょっと内側にわだちができているのがわかります。わだちの頂上部付近がひび割れているところなども、うまく押さえてくれています。

続きを読む

PENTAX Q-S1の使用感(操作系)

Q-S1の操作系を見ていきたいと思います。PENTAXのカメラは割りとユーザビリティの点で優れているような印象を持っています。WG-1とQ-S1しか使ったことはないですが、どちらも操作しやすいです。

上面はこんな感じになっています。

161124_01

右上の文字が書いてあるダイヤルがモードダイヤルです。これで撮影モードを切り替えます。右下の何も書いていないダイヤルが電子ダイヤルというダイヤルです。シャッター速度や絞りをこれで決定します。

少し離れたところにあるボタンがシャッターで、シャッターの左下の小さいボタンが電源スイッチです。本体最も左にストロボの展開スイッチがあるのですが、これがオススメです。

161124_02

ストロボはこんな感じで、アームがついた状態でバン!と出てきます。メカっぽくて非常にかっこいいです。

続きを読む

PENTAX Q-S1の使用感(外観)

PENTAX Q-S1の見た感じやサイズ感などをまとめてみたいと思います。

なんと言っても最大の特徴はそのコンパクトさです。見た目が一眼レフっぽいので写真だと大きく感じますが、ボディだけだと同社のWG-1とそんなに変わりません。

161123_01むしろ幅はQ-S1の方がちょっと狭いかもしれません。

そのため、製品の箱も非常に小さくて、開けるまでちゃんと中身が全部入っているのか心配になるくらいです。

レンズをつけると全体の厚みが増すので、一般的なコンパクトデジカメよりは大きくなりますが、それでもレンズ交換ができてこのサイズですから大したものだと思います。

これはQシリーズのセンサーサイズに起因するところが大きいそうです。Q7とQ-S1のセンサーは1/1.7というサイズで、昨今の傾向からすると小さめです。

続きを読む

PENTAX Q-S1

DP1xの後任がやって来ました。PENTAXのQ-S1です。

161121_01横の単3電池と比べて見ると分かりますが、見た目の印象の割に小さいカメラです。

後任を選ぶにあたって、やっぱりDP1x的なカメラにしたいと思っていました。自転車に積める程度にコンパクトで、それでいながらシャープな画像を記録してくれる、というある種の秘密兵器っぽい性質が非常に気に入っていたので、似たようなものがないかいくつか検討してみました。

また、ツーリングで持ち出す関係上どうしても破損リスクがあるので、あまり高額なものは選べませんでした。

結果、Q-S1にしたというわけです。最近は1型などの大型センサーを搭載したコンパクト機も多数出ていて、それらも候補に挙げていたのですが、最終的には「撮るのが面白そうだから」という一点で選定したという感じです。

2年前の製品なのですが、使ってみた感想なども追って書きたいと思っています。

DP1xついに故障

自転車で出かけた時の写真撮影に愛用していたSIGMAのDP1xがとうとう壊れてしまいました。

今日は相模川沿いの自転車道(県道409号)を見に行っていたのですが、レポート用の写真を撮って電源を落としたところでレンズが戻らないまま電源が切れ、そのまま全く動作しなくなってしまいました。

最初はバッテリー切れかと思って、そのまま持って帰ろうと思ったのですが、レンズが出ているのでサドルバッグに入りません。乱暴ですがストラップで背中に下げたまま帰ってきました。で、満充電したバッテリーを入れてみたのですが、やはり動作しなくなっていました。

161112_01

非常に個性的なカメラなのですが、たまにナイスショットが出るので撮影が楽しいカメラでした。

常にサドルバッグ内で自転車に揺られていたので、それも良くなかったのかもしれません。とは言え、耐久力はなかなかのもので、何度かの落下にも耐えています。

161112_02

こんな感じで角は落下の際の凹みが残ったままでしたが、それでも普通に動いていました。

とても気に入っていたので残念です。後任の選定もしないといけませんが、当面はWG-1に代打をしてもらおうと思います。

ER4シリーズの新製品

愛用のEtymotic ResearchのER4Sの上位機種に相当する製品が発売されるそうです。

Etymotic Research、新たな最上位イヤフォン「ER4SR」。低域強化の「ER4XR」も

[AV Watch]

今のER4Sが壊れたら新しいER4Sを買おう…と思っていたのですが、こちらの製品もちょっと興味のあるところです。ケーブル着脱ができるそうなので、断線時に部品を買うだけで補修ができて、ER4S以上に長く使えるかもしれません。

とは言え、うちのER4Sも既に10年近く使っているので、そもそもEtymotic ResearchのER4シリーズは非常に頑丈な製品なんだと思います。派手さがなく、頑丈というところがとても気に入っています。

HD25が値下げ&リニューアル

愛用のゼンハイザーHD25ですが、この度製品ラインナップがリニューアルされ、値下げになるそうです。

ゼンハイザーを代表する「HD 25」、パッケージ・名称・価格リニューアル

[AV Watch]

円安傾向で値上げをする輸入製品が多い中、ありがたいことです。

このHD25、約10年近く愛用していますが、全然壊れる気配はありません。強いて言えばイヤーパッドがボロボロになったので、純正補修部品で交換した程度です。

軽くてホールド感が良いので、ポータブル目的やDJモニター用に好適です。ホールド感が良いことの副作用として側圧が強いという特徴があるので、これで長時間映画を見たりするのはちょっときついかもしれません。

小さいことなのですが、私が持っている個体はケーブルが出ている方がRchです。これはちょっと変わっています。今でもこういう仕様なのでしょうか。

さすがロングセラーになっているだけあって良い製品です。とても気に入って使っています。ヘッドホンをお探しの方全てにフィットする製品ではないと思いますが、気になってしまった方はぜひ入手してみて頂ければと思います。