歯医者に行く(自費診療)

金属の詰め物が取れる

何週間か前のことですが、以前入れてもらった金属の詰め物が部分的に取れてしまいました。

かかりつけの歯医者さんに持ち込んだところ、「詰め物の中央に強い力がかかり続けて折れてしまったものと思われる」との診断でした。

私はどうも噛み合わせが深いタイプらしく、一点に強い力がかかってしまう傾向があるようです。

当然詰め直しになるわけですが、一度虫歯になったところでもあるので、今回は自費診療でちょっと良い材料を使ってもらうことにしました。

20Kゴールドを採用

いくつか提案頂いたのですが、先生一押しの20Kゴールド(8割金の合金)を詰めてもらうことにしました。20Kゴールドは以下のような点が優れているんだそうです。

  • 歯と硬さが近いこと
  • ほどほどの”粘り”があり、歯にセットしやすいこと
  • 展延性があり、歯との馴染みが出やすいこと
  • 酸やアルカリに影響されないこと
  • 詰め物として実績が十分にあること

一見良いことづくめにみえますが、以下のデメリットもあります。

  • 見た目がどう見ても金ピカなこと
  • 保険治療の金属との電位差で違和感を感じる恐れがあること
  • 高価なこと

特に”長年の実績がある”点がオススメの理由ということでした。最新の素材や加工方法も色々出てきていますが、実績重視での推薦だそうです。

今回の破断の原因や再度虫歯になる可能性を考慮し、20Kゴールドでの治療をお願いしました。

実際の治療

今回は過去に治療したところのやり直しなので、既存の詰め物を外して多少削り、フレッシュな面を出した上で型を取ることになります。歯の神経は健在だったので、削り出しからいきなり相当痛くて参りました。

ただ先生曰く「神経が死ぬと歯がもろくなる。削ると痛い=歯が健在なので悪いことではない」ということでした。

型取りの方法も保険診療と違うということでしたが、型を取られている方からしてみると違いには気づきませんでした。

ここからの流れは保険診療と同様で、治療箇所には仮詰めをしました。1週間後に詰め物ができあがってくるので、セットして完成になるそうです。歯科技工士さんの作業時間には差があるのかもしれませんが、詰め物の納期が長くなることはないようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム対策のため、日本語が含まれないコメントは投稿できません。