長野県道303号

長野県道303号は篠ノ井線の西条駅付近から旧四賀村を結んでいる道路です。途中に峠越えが一つあります。今回は聖高原方面から青木峠経由で上田方面に抜けるために走行しました。

国道403号の西条駅を過ぎた後に登りがありますが、それをこなした後が分岐点となります。標識では県道303号が本線のように見えますが、ちゃんと左折分岐になっているので明科方面に行きたい方は心配要りません。

県道に入りました。道路はかなりきれいな部類で、片側1車線ずつが十分に確保できています。

勾配の方は平均7%前後で延長3kmとコンパクトにまとまっていますが、聖高原まで来た後だと結構身体にはダメージが蓄積します。急勾配区間があまりないのがせめてもの救いです。

頂上は風越トンネルというトンネルで通過することになります。長野県に限った話ではありませんが、峠は外の世界との連絡路なので、外の世界から色々なものを運んでくる”風”という漢字が入っていることが多いように思います。

峠が筑北村と松本市の行政界になっています。

旧道も残っていますが、徒歩であっても通行は困難そうな状況でした。

青木峠と聖高原の連絡路としてなかなか良いルートだと感じました。青木峠と聖高原を結ぶ道路は県道12号と県道277号があるので、

  • 軽め:県道12号(まあまあ登ってまあまあ下る)
  • 普通:県道277号(かなり登ってかなり下る)
  • 大盛り:県道303号(かなり登って下った上でまた登ってかなり下る)

と使い分けが楽しそうです。気分や体調に合わせて選べるのが良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム対策のため、日本語が含まれないコメントは投稿できません。