FL Studioでループ素材を作る時の設定

ループするタイプのトラックを作る際に、FL Studioでは用途に応じた適切な設定をすることができます。

書き出し時にProject Typeという項目の中にTailという欄があります。これは曲の末尾の処理をどうするかを設定する項目です。3つから選択でき、

  • Cut Reminder :曲の終わりで切り放し(残響音もカット)
  • Leave Reminder :残響音含めて書き出し
  • Wrap Reminder :曲の終わりで切り放し&曲の先頭に曲の終わりの残響音を重ねる

となっています。

単体で成立する曲の場合はLeave ReminderでOKです。

ループトラックの場合はWrap Reminderを使うとトラック間のつながりが自然になります。ただし、1ループ目にWrap Reminderの設定をした曲を使うと曲の先頭にいきなり残響音が入るので、1ループ目はCut Reminderに設定した別データを配置し、2ループ目からWrap Reminderに設定したデータを使うのが良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム対策のため、日本語が含まれないコメントは投稿できません。