BC-SJスーパージャンボ約6年でなくなる

自転車のパーツクリーニングに使っている和光ケミカルのBC-SJスーパージャンボがとうとうなくなりました。

その名の通り840mlという巨大な缶に入っています。缶の背の高さは2Lのペットボトル並みです。これだけの容量があるのでなかなかなくなりませんでした。ロードバイクに乗り始めて以来使っていますが、約6年でようやく完全に使い切りました。これで税抜き1,500円なので、コストパフォーマンスは良好です。

クリーニング性能はさすがの和光ケミカルさんで、自転車のチェーンルブからグリスに至るまで簡単に落としてくれます。写真の通り新しいのを買ってあるので、次回は2023年頃買い換えの予定です。

BC-SJスーパージャンボ約6年でなくなる」への2件のフィードバック

  1. SiS

    物持ちよすぎ(笑)

    うちだと大体2~3整備で一本のペースかなぁ。根本的に物がデカい&油が多いのもあるけど。
    コスト的にはホムセンの安い奴で200円/本位だから惜しまず使うけど。

    車載してるBC-8(いつかの賞品)は流石に勿体なくてちびちび使うから数年持つね。
    最近は外で使わないといけない事態もあまり起きないし。

    返信
    1. heboDJ 投稿作成者

      やっぱり4輪車は使う量が違いますよね。うちの場合は基本的にチェーンとギヤ類にしか使いませんし、部品も小さいのでなかなか減らないです。
      いわゆるホムセンケミカルも気になる物があるのですが、消費が遅すぎてなかなか試せません。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム対策のため、日本語が含まれないコメントは投稿できません。