埼玉県道30号バイパスの工事

自転車で良く通る埼玉県道30号のバイパス工事の話です。30号BPは北側は越生(県立越生高校付近)まで供用されているのに対し、南側(埼玉医科大学国際医療センター以南)はまだ部分的な供用にとどまっています。

最近埼玉医科大学国際医療センター付近でも工事が始まっています。

埼玉医科大学国際医療センターはちょうど日高市と毛呂山町の境界付近にあります。この境界は小高い丘のようになっており、南の日高市側からだとちょっとまとまった坂になっています。

こんな感じです。これは坂の上の方から下を撮影しています。

工事の様子です。古い擁壁を崩して、地山を削った上で新しい擁壁を設置し、道路のスペースを確保しているようです。

上の2枚の写真の位置を反対側から見るとこのようになっています。恐らく伐採されたところは地山を削るものと思われます。

気になる線形の方はもうGoogle Mapsの航空写真でも読み取れるくらい明瞭で、ちょうど上の写真の位置が旧道とバイパスの分岐する交差点になるようです。現在の道路(旧道)は奥側から左にカーブして手前に伸びてきていますが、バイパスはここで分岐してほぼ直進になるようです。

30号バイパスが南側も完成すると狭い割には路側帯にバンプのある日高陸橋付近や、難所である南平沢交差点をカットできることになります。非常に楽しみにしています。

 

 

埼玉県道30号バイパスの工事」への2件のフィードバック

  1. SiS

    高麗川バイパスは期待大だよなぁ。
    車で通っても高麗川橋は対向で大型来るとおっかないし、南平沢は混むし(特に夕方

    地味に高麗川駅前後の信号も最低でもどれかは1つは必ず引っかかる位つながり悪いしなぁ。

    返信
    1. heboDJ 投稿作成者

      >高麗川駅前後の信号も最低でもどれかは1つは必ず引っかかる位つながり悪い

      言われて思い出しました。越生方向から走ってくると四本木交差点の信号に引っかかって、その後100mくらい先の名前のない交差点の信号に引っかかることがよくあります。
      こうやって見てみると結構難所の多い区間ですね。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム対策のため、日本語が含まれないコメントは投稿できません。