Insta360 ONE Rのファームウェアアップデート(v1.1.43)

7/1付けでファームウェアがアップデートされています。今回のバージョンではSDカード周りに多く手が入っています。

主な変更点を見ていくとこのような感じです。

  • 画面をスワイプした際の挙動をスムーズに改善。
  • SDカード上のファイル破片をフォーマットで除去できるようになった。書き込まれているファイルを一旦別の場所に退避し、フォーマットすることで除去が可能。
  • 未使用のSDカードを挿入した場合、自動的にフォーマットを行うようになった。
  • バッテリー消費を最適化した。これにより本体の温度もより安定性が高くなった。
  • H.264フォーマットでエンコードしつつ撮影する場合、本体スクリーンオフをデフォルト設定とした。これによりバッテリー消費が改善した。
  • バレットタイム撮影時にSDカード転送速度エラーが出る問題を修正した。

せっかくなのでSDカードは新ファームウェア適用後の本体で改めてフォーマットした上で使ってみようと思います。使用感などに変化があるか楽しみです。

大体月1つのファームウェアアップデートで様々な改善が続いているので、今後も期待したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム対策のため、日本語が含まれないコメントは投稿できません。