千曲川サイクリングロードの通行止め状況(2021年2月)

そろそろ本格的に屋外を自転車で走れるシーズンになるので、道路情報を色々と下調べしています。

例年シーズン初めとシーズン終わりは千曲川サイクリングロードのお世話になることが多いですが、調べてみたところ通行止め区間がありました。

篠ノ井橋-平久保橋(聖川)間

この区間は2019年の台風で大きな被害を受けて、長らく復旧工事が続いている区間です。工期は2021年2月1日なので、もう完了しているかもしれません。

【2021年2月22日追記】工期は2021年3月31日まででした。

まだ通行止めだった場合は一旦県道77号にう回するとそれほど遠回りせずに平久保橋まで行けます。

粟佐橋-千曲橋間

こちらは2020年の冬から2021年3月31日まで工事中とのことです。

【2021年2月22日追記】工期は2021年2月25日まででした。

う回路もちょうど良い具合に並行する道路がないので悩みます。一応こちらも県道77号が候補ですが、稲荷山周辺は少々狭く、本線がクランク状になっているというのもあって使いづらさがあります。

上田市下之条

こちらは2021年2月26日まで工事中とのことです。位置は恐らく道の駅上田の先のことを指しているのではないかと思います。上田建設事務所の情報によるとう回路は堤防法尻道路となっていますので、”堤防天端は工事中だが、堤防法尻の道路は通れる”ということかもしれません。

いずれにしても、大きな工期遅れなどがなければ4月には全面的に走行できる状況になりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム対策のため、日本語が含まれないコメントは投稿できません。